​ヒューストンバレエ学校とヨガ

▼日本のダンサー達がまだ気づいてないもの

日本のバレエ界では、「ヨガ=バレエに役に立つもの」といった認識は一般に浸透していません。

 

バレエ界には浸透していなくても

他のスポーツ界はどうでしょうか?

 

例えば、サッカーの長友選手はトレーニングとしてヨガも取り入れており、

本(ヨガ友)も出版されています。

実は、ヒューストンバレエ学校でも

ヨガのクラスを取り入れています。

 

------------------------

 

▼ヒューストンバレエ学校では、どんな時にヨガを取り入れているのか?

ヒューストンバレエ学校では、

以下のタイミングでヨガを取り入れています。

 

・①バーの前

・②クラスの終わり

 

実際には、②のタイミングで

行っているとが多いです。

 

なぜ、そのタイミングなのでしょう?


 

………………………………………
▼身体の声聞こえてますか?

1日のレッスンが終わった時、

あなたの身体はどのような状態でしょうか?

 

・精神的にやや緊張している

・筋肉も緊張して、縮こまった感じ

・精神的・肉体的な疲労状態

 

おそらく、「リラックスした状態・ぐっすり寝れる状態」ではないですよね?

レッスンが終わった後、心と身体を整えてくれるのがヨガです。

「深い呼吸」「メディテーション(瞑想)」を行い、身体を休息モードに切り替えていきます。

深い呼吸は血流へのアプローチもできると思います。

……………………………………

▼上手なダンサーは緊張をコントロールする

 

バレエダンサー特有の緊張下でのレッスン、

この緊張をうまくコントロールできるようになる必要があります。

ヨガは、レッスン後や1日の終わりに行うと、

心と身体を『整え』、『休息モード』に切り替えることに役立ちます。
 

ヨガは、複合的な動きの中で、動きをとめて、深い呼吸、

さらにメディテーション(瞑想)をしています。

これは、自律神経を整えることに繋がります。

交感神経系が優位の状態から副交感神経に切り替えることは、

身体の緊張をコントロールてすることにも繋がります。

つまりは、

・怪我の予防

・回復

・自律神経を整える

ことに関わっていくのです。

自律神経系の働きは、身体の最大の器官であるファシアにも影響を与えています。

(ファシアの働きに関しましては、Webinar全6回の中で詳しくお伝えしております。)
 

ダンサーの中には、

・過剰に胸椎を伸展させている

・ドローインの状態で胸式呼吸をして踊っている方

・心身の緊張でより呼吸が浅くなる方

もいらっしゃいます。

 

呼吸が深くなることは、

・胸椎の安定した可動性

・胸郭の拡張性(しっかり広がること)

・心身ともに緊張からリラックスできる状態へ

と繋がっていきます。

 

今後、日本のバレエ界にも浸透させていきたいと想っています。


 

〜アキさんより:ヒューストンバレエとヨガ〜

image-12-02-21-11-16.jpeg
Webinar 1 bio-tensegrity Nov 2020 (2)_pa