Hitomi Kinokuniya

紀國谷 瞳

​PASMI Advisory board member

Cirque du Soleil 

 日本人初ロシアンクレードル アーティスト

 日本人初デュオストラップ アーティスト

Flexibility Training 創始者

Aerial/Acrobat/Flexibility Training

オリンピック選手の両親の元で6歳から体操競技を始める

大学4年生までに数々の全国大会で入賞

全日本選手権にて北京オリンピック第二次予選大会の出場権を獲得

引退後

某大手舞浜テーマパークにてダンサーとしてステージショーに出演

東京のサーカスカンパニーTRIANGLE CONNECTIONにてエアリアル・アクロバットダンサーとして出演

3代目JSB・EXILE・AKB48・ももクロなどのライブや様々な企業イベント、テレビにて活躍

シルク・ドゥ・ソレイユからオファーを受け、日本人初ロシアンクレードルアーティストとして Corteo(コルテオ)のワールドツアーに出演。

エアリアルの技術も評価されシルク・ドゥ・ソレイユで日本人初デュオストラップアーティストとしてソロアクトに出演

主な芸歴
・某大手舞浜テーマパーク アクロバットダンサー
・AKB48 大島優子卒業ライブコンサート エアリアル
・ももクロ 桃神祭 ライブ アクロバットダンサー
・三代目JSB 全国ライブツアー アクロバットダンサー
・EXILE 全国ライブツアー アクロバットダンサー
・HIGH&LOW EXILE TRIBE 全国ライブツアー アクロバット
・熊本公演TAKA アクロバットダンサー・エアリアル
・モヤモヤさまぁ〜ず TV
・AKB48 PV アクロバット
・シルク•ドゥ•ソレイユ コルテオ デュオストラップ など

124518901_714133812534945_20392834584230
瞳さん (1).JPG

Flexibility Training

自分の可動域を最大限に引き出し、怪我から身体を守り動きやすい身体をつくることが大事。

シルク・ドゥ・ソレイユのアーティストが考案したパフォーマンス向上のためのストレッチ&トレーニング

・どんなトレーニング?

従来の無理やり開脚したり、誰かに押してもらい痛みを伴う柔軟とは違い、セラバンド(リハビリなどの理学療法でも使われるトレーニング用ゴムバンド)を使い、独自が生み出した新しい方法で動的ストレッチと筋力強化を同時に行います。

セラバンドの反発力を使い筋肉を細かく分けて意識的に動かしインナーマッスルに力を入れ、 リリースすることを繰り返すことで可動域を広げると同時に筋肉を刺激し強化することができます。

この方法によって、緩みすぎて身体が締まらないという事なく、強くしなやかな身体を手に入れる事ができます。

関節の可動域を自分の最大まで広げることで、動きやすいく強い身体を作れるため、身体が硬い子から競技者やプロパフォーマー、高齢者まで理学療法的にも効果的な柔軟性トレーニングです。

・どんな効果があるの?

従来の痛みをじーっと我慢し行うストレッチ(静的ストレッチ)とは違い、 関節周りの腱や筋を意識し、筋の緊張状態やコンディションを整えてます。

ストレッチ後の筋反応も良くなり身体も動き易くなります。

又、本来あるべき安定性や可動性を失って痛みを伴う関節もこのトレーニングを行うことで痛みを緩和し可動域が広げる事ができ、自然と正しい姿勢に導き、力を効率よく伝えられる身体となり、パフォーマンス力向上が期待できます。

146684449_326448012089729_23491400620893

私自身元々トレーニングが嫌いだったからこそ『時短』 で、尚かつ『動きやすい体』にする為に試行錯誤し、今までにない新しい独自のフレキシビリティートレーニングを考案しました。

このトレーニングを考え出してからは、短時間でのアップで可動域を最大まで引き出せるようになり、身体の負担が減り痛みなく身体を動かせるようになりました。

痛くない!柔らかくなる!動きやすい!楽!一人でどこででもできる!

Flexibility Trainingにより細かい筋肉に神経を通わせ、自分の身体を知り、コントロールしやすい身体づくりを目指しましょう。